治療方法

覚えておきたい「正しい爪の切り方」

  • 再生回数:18

爪を正しく切ることは、巻き爪や他の爪関連の問題を予防するために重要です。以下は、正しい爪の切り方の基本的な手順です:

【爪切りの選択】
鋭い爪切りを使用し、清潔なものを選びます。古くなった爪切りは爪を破損させる可能性があるため避けましょう。

【爪を柔らかくする】
お風呂やシャワー後、または温水に数分間浸けて爪を柔らかくします。柔らかい爪は切りやすくなります。

【直線的に切る】
爪を直線的に切りましょう。爪先は爪切りの刃よりわずかに残すようにします。爪の形を整えるために、角を丸めるのではなく直線的に切ることが大切です。

【丸く切り込まない】
爪の両端を直線的に切ることが重要です。爪の先を丸く切り込むと、巻き爪の原因となる可能性があります。

【角を取り除く】
爪やけすを使って、爪の先端や横の角を優しく取り除きます。ただし、爪の中央部分を丸く削らないように注意しましょう。

【規則的なケア】
爪の成長に合わせて、規則的に切ります。長すぎたり短すぎたりしないように心がけましょう。

これらの手順を実践することで、爪を健康に保ち、巻き爪や他の爪のトラブルを予防できます。